ちからをつけてミュゼ

まずは
参加メンバーの体調の良さを実感した出来栄えだったということでしょうか。
これが一番大きいのです。
コジョカルは久しぶりに、調子のよい状態でしょう。ここまで良いのは本当に久
しぶりです。
コボーに至ってはここまで良いのは見たことないかもしれないと思います。
ちょっと、おじさんはいってきましたが。。。
マックレーも、かなりの状態のはず。そしてポルーニン、とても良いです。
ムンタギロフは今回の隠し玉でしょうが、本当に良い。
マルケス、カスパートソンもかなり頑張っておりましたので、素晴らしい内容と
出来栄えでした。
これだけ状態が良いダンサーが集まっていると、すごくもったいない気がします。
少しがボリショイでも使ってよ、と思うくらいに。。。。
録音も、はじめはやはりだめか、と思いましたが踊りが良いので忘れてしまいま
した。
さて
「ラリナ・ワルツ」これはオネーギンを感じさせるものはなかった。しかし今回
のダンサー紹介という意味ではとてもよいプログラムでした。
使った音楽はなんだかよくわからなかったのですが、聴かせる音楽のタイプでは
なかったと思います。しかし踊りが良ければ良いと思う。あのオネーギンの第2
幕の華やかな雰囲気があればよしでしょう。
「ゼンツァーノの花祭り」
これはマルケスが、女の子そのもので、かわいかったから、ガラにしては雰囲気
がガラっと変わりました。コボーの出来もここで良いと確認できた次第で。
しかし、マルケスがすべて私の気持ちを持って行きました。
「ローズ・アダージオ」
オープニングは意表を突かれました。それよりも男性陣の衣装も意表を突かれま
した。そしてコジョカルのあの踊りを見れただけでも幸せでしたよ。調子良いわ。
かなり久しぶりに見る調子の良さ。
「チャイコのPDD」
これかなりメインの演目ですね。
予想通り、カスパートソン、ムンタギロフともに良かったです。ムンタグロフは
この感じで良いのですが
カスパートソンは本日あたりから、コンビの呼吸があってくるかな。
とても出来は良いです。
「レ・リュタン」
これ、この日の売りの演目ですね。
エトワールガラでやりそうな内容で、
ロイヤルに持って行かれたな、というのが素直な感想です。たぶん、本日明日と
お客様のノリが加わってより一層とよくなるでしょう。
マックレーがこんなに良いダンサーだなんて思ってもいなかったですよ。ポルー
ニンは予想通り良かった。コジョカルもコメディーだったから、ちょっとサプラ
イズはあった。しかし彼女は今回の出来、体のつくりからは、ギエムの路線に進
む気がする。確かの現在のトップダンサーの一人ですね

後半
「エチュード」
バレエクラスのパターン知らなかったので
ちょっと驚きました。また東京バレエ団が得意としていると言う割には観たこと
がなかったのも不思議です。
東京バレエ団については
かなり、気合入れられたな、というのが実感です。そして、その気合が
ゲストダンサーたちを煽ったため、すべて素晴らしい出来栄えとなったことは事
実です。
大体この手のガラに東京バレエ団が出るとそこだけ浮くのですが
昨日は決まったと思う。
ゲストダンサーがプレッシャーを感じるようなくらい、踊っておりましたし、今
回はその役割を十二分に果たしたと思います。
ですからゲストも手抜きできなく真剣ですから
フィナーレはズバリ決まりました。
このガラはオケで聞きたかった、特に後半はオケでも良かったかなと思います。
本当にミュゼはお勧めの舞台ですよ、
NBSのつぶやきでは「当日券」あるらしいので
ぜひ出かけてみてください。かなり良いバレエの舞台です。
あと、ボリショイと違って女性が多かったことを付け加えさせてください。すご
く見やすかったです、といっても最前列だから関係ないのですが、なんでボリショ
イあんなに男性が多かったのか、不思議なくらいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

museereport

Author:museereport
ミュゼの体験レポートをまとめていきます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク