ホームページはミュゼ

JOYSOUNDの最新機種JOYSOUND f1のデビューが間近です。今までのJOYSOUNDの曲にUGAの曲も加えて合計20万曲入りがウリですが、本日JOYSOUNDうたスキホームページにも、JOYSOUND f1用に追加される曲も加わって検索できるようになりました。
今までUGAでしか歌えなかった曲名がJOYSOUNDホームページに表示されているのを見ると感激します。

UGAの曲をJOYSOUNDに入れるときに、気になったのが「曲番号」をどうするのかです。UGAと同じ番号では、JOYSOUNDで既に使われている番号もあるかもしれません。
今日公開されたデータを見る限りは、UGAの番号とは無関係に新たな番号を割り当てたようです。その数およそ5万曲ですから、手作業ならご苦労なことですが、ひょっとしたらプログラムを組んだのかもしれません。

もうひとつ気になったのが「本人映像」のような特殊な場合にどうなるのかです。五藤真心さんの「想い出の東横線」を検索しますと、曲番号はひとつしか出ません。これが「本人映像」バージョンなのか通常バージョンなのか今は確認はできません。ただUGAは映像データにWindows Mediaを使用しています。JOYSOUND f1は恐らく今流行りのMpeg4でしょうから、データ変換の手間を考えると、本人映像を配信するのは難しいのではないかと思います。本人映像をUGAに配信するために金銭的な面を含めてご苦労された歌手の皆さんを思うと、ミュゼが何だかお気の毒です。

とりあえずこれで自分のUGAレパートリーからJOYSOUND f1にちゃんと移行されたかを確認できるようになりました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

museereport

Author:museereport
ミュゼの体験レポートをまとめていきます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク