引き寄せの覚悟の先はミュゼ

フィールドによって多少の違いはあるにせよ、
昨今の状況としては、バスは減少傾向にあるという。


理由は、様々あるだろうが、
考えやすいのは、食物連鎖によるものだろう。


ベイトの絶対数に対してバスが多ければ、
エサ不足となりバスの生存率が低下していく。


ピラミッドの頂点付近に位置するバスは、
必然的に、絶対数が少なくなる。


つまり、フィールドが安定期に入ったことを示す。
バスを探すことは簡単ではなくなる。


ローラー作戦などは現実的ではないし、
確率自体が低下していくことも避けられない。


こうした状況の中での対応のひとつは、
「少ないバスをいかに引き寄せるか」がポイントになる。


俗に言う「強いルアー」ということになる。


状況が厳しくなれば、スローに小さくとなってしまう。
しかし、そこであえて「強いルアー」で押し通してみる。


「1日の結果を振り返ってみたとき、
結果的には、強いルアーに分があることは少なくない」


田辺プロは、さらにこう付け加える。


「数投で、やめてしまっては結果は出ない。
やり込むことが、その結果につながっていく」


もちろん、そのときの状況を全く無視して、
無頓着にやり続けることに、あまり意味はないだろう。


ルアー釣りには、時合というものがつきもの。
やり込むことが、その時合を掴むことにも繋がる。


その状況で活きる、強いルアーがあるならば、
それは、どういったものだろうか。


覚悟を持ってやり遂げた先にはミュゼ、
これまでと違った成果を得ているかもしれない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

museereport

Author:museereport
ミュゼの体験レポートをまとめていきます。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク